高度な接客のノウハウが生かせるハイヤーの仕事

ハイヤーの仕事は単に高い運転技術を持っていれば良いと言うものではありません。基本的にVIPを送迎しながら車内で適切なおもてなしを行う必要があるため、社会人としての良識はもちろん、様々な気配りを行うことが求められます。この点は一般的なタクシーとは異なり、利用する顧客も高いレベルのもてなしを求めて利用することが多いため、その期待に応えられるものでなければならないのです。したがってハイヤーの運転手は運転の技術だけではなく、高いレベルの接客ノウハウを持っていることが前提となり、一般の運転手とは異なり様々な知識や経験を持っていることが必要とされます。

そのためハイヤーの運転手になる事は非常に難しいものであると考えている人が少なくありません。また、初めて会う顧客に対して、様々なおもてなしの気持ちを態度に表さなければならないというプレッシャーを感じるかもしれません。ただ、実際にはあくまでも人と人の付き合いであるため、非常に柔軟性が高い仕事であると言えます。最近では様々な場面でおもてなしの心を表現することが重要視されています。従来は高級ホテルや、高級百貨店などでのみ行われていたこの種の教育が、現在では一般の旅館や大手スーパーでも行われるようになっています。様々な接客が多くの分野に浸透していることから、実際には自分が知らないだけでおもてなしに関するノウハウを持っていて、新たに習得しなくてもできることもあります。

ハイヤーの運転手として働くために、仕事に必要な知識を積極的に学んでいかなければなりません。また、お客様が満足できる環境を、車内という限られたスペースで造り上げる必要があります。ハイヤーとは全く違う違う業界からの転職である場合、一人前になるためには多くの時間を必要とするかもしれませんが、今までに自らが身に付けた接客のノウハウは十分に生かすことができるはずです。実際に、最近では様々な会社からハイヤー業界へ転職し、非常に優れた接客を行っている人も増えています。

ハイヤーの運転手をしていると、お客様の喜んだ様子やリラックスしている表情を目の前で見ることができます。自分の接客が、そのままお客様の満足度に繋がる尊い仕事であることを実感できるため、やりがいも大きいでしょう。

一般的に、この仕事に就くためには2種免許を取得することが必要ですが、会社が運転技術や資格取得の支援を行ってくれる場合があります。そのため、応募の時点で資格を持っていなくても問題ありませんし、運転手の経験がない人でも働ける環境が揃っています。