貸切バス利用の際のポイント

貸切バスという移動手段を利用したことはあるでしょうか?その名前の通り、バスを貸し切って利用することができる方法であるため、決まったメンバーでだけバスを利用することができるという点で優れている移動手段となります。また、それと併せてもう1つ大きなメリットとなっているのが、運行ルートを自分で決定することができるという点です。

好きなように行き先を設定し、旅行プランを考えることができるようになっているため、様々な目的で利用することができるでしょう。ただ、この貸切バスの運行プランについては、気をつけておかなければならない点もいくつか存在しています。ここではその点について紹介します。

最初のポイントとして紹介するのは、利用する貸切バス会社の車庫の場所についてです。これがなぜ重要になるのかというと、これには貸切バスの料金設定がどのように決定されているのかを知っておく必要があります。貸切バスの利用料金は、客が乗り込んでから降りるまで、ではありません。

バスが出庫してから帰庫するまで、で料金が発生する仕組みとなっています。そのため、乗車ポイントまでバス会社から距離がある場合、乗車の時点で長い時間と距離の移動が行われてしまうことになり、その分が料金として加算されてしまうことになります。当然、料金もその分高額になってしまいます。できるだけ、乗車位置に対して車庫が近いバス会社を選択するようにしましょう。

貸切バスのポイントとして次に紹介するのは、予約のタイミングについてです。貸切バスは事前に予約とプランニングを行って運行を行うことになりますが、これは出来るだけ早い時間に行っておいた方が良いでしょう。というのも、早目早目に計画をしておかなければ、需要が高い時期では予約をとることが難しくなってしまう場合があるためです。

また、時間ギリギリでプランを組んだ場合、どうしても両者のヒューマンエラーによって予定の漏れが発生してしまうようなことも考えられます。安心して移動手段として利用するためには、早い段階から予定を決め、打ち合わせをしておくことです。

この2点に加えて、プランの内容についてもある程度考えておくのが良いでしょう。日中と深夜早朝では、日中の方が利用料金が安くなります。休日と平日では、平日の方が利用料金が安くなります。これらを踏まえて、必要な予定によって利用す移動手段を選択するようにすると良いでしょう。