貸切バスでの旅行のプラン

旅行の際の移動手段の1つとして利用できるものに、貸切バスがあります。利用することができる貸切バスの種類は多くあるため、様々な規模のグループ旅行の際に使用することができるようになっています。会社などで行う大規模な旅行のためにも利用できれば、町内会などの少人数での旅行にも利用することができるため、上手く使うことで様々な旅行プランを考えることができるでしょう。そこでここでは、実際に貸切バスを利用して行う旅行のプランとして、どのようなものが考えられるのかを紹介します。

貸切バスを使った旅行プランとして、最初に紹介するのはグルメツアーについてです。日本は各地に様々な郷土料理やB級グルメと呼ばれるような、地域色豊かなグルメが存在しています。これらを回るようにスケジュールを設定してプランを組んで見るのが良いでしょう。

貸切バスの場合車内でも飲食を行うことができるようになっているため、例えば道の駅などに休憩として停車を行い、そこでその場所の特別なグルメを買い込んで車内で食べる、というようなこともできるようになっています。飲酒も可能になっているため、地酒なども楽しめむことができるでしょう。

貸切バスを使った旅行プランとして、夜間の移動に利用する方法について紹介します。貸切バスの利用料金は基本的には日中のほうが夜間よりも安い設定となっています。午後23時から午前5時までの間の運行料金は、深夜早朝料金として多少高めに設定されているためです。

そのため、安い利用方法というわけではありませんが、深夜の移動に利用する場合にポイントとなるのは、目的地に早い時間に到着できるという点です。現地での時間を出来るだけ有意義に利用したいと思っている場合に適した方法と言えるでしょう。

貸切バスを使った旅行プランは、日帰りのものばかりではありません。宿泊を含んでいる旅行の場合にも使用することができます。この場合、注意しておきたいのは運転手の宿泊についてどのように行うのか、という点です。運転手を一度バスの車庫に戻らせる、という方法を採ることも出来ないわけではありませんが、そうすると移動距離と運行時間が長くなってしまうため、料金が高くなってしまいます。

多くの場合、運転手についても現地で宿を用意し、そこで宿泊してもらった方が安く利用することが可能になります。バスの車庫との距離を鑑みて選択する必要があるため、バス会社と詳しく計画を立てておくようにしましょう。