貸切バスでの車酔い対策

貸切バスは、旅行のために利用するのにも適した移動手段の1つです。事前に予約を行っておくことでプランを決定することができるため、早い段階から予定を固めることができ、参加者全員に対してスケジュールを配付することができます。

さらに、車内には自分たちだけが乗車する形となるため、周囲に配慮をして静かに移動をしなければならない、ということもありません。移動時間さえ旅行の一部として楽しめむことができるようになるため、グループ旅行の際には十分考慮することができる方法の1つとなります。人数についても、少人数から利用できる小型のバスがあるため、グループの人数に合わせて利用できるのもメリットとなっています。

ただ、貸切バスに限らず、バスや車の場合、人によっては注意しなければならない点として「車酔い」があります。貸切バスは車内での飲食なども可能となっており、通常のバスでは酔わない人であっても、車酔いになってしまう可能性があります。せっかくの楽しめい旅行で車酔いで移動しなければならないというのはなんとも気になる点であるため、貸切バスを利用する前に知っておきたい、車酔いを避けるための方法について紹介します。

貸切バスでの車酔いを避ける方法として、まずは乗車前に注意するべきこととして、ある程度お腹にものを入れておくということがあげられます。実は空腹の状態というのは、吐き気が起こりやすい条件の1つとなっているためです。ただし、満腹の状態も同じく吐き気を起こしやすい条件となってしまうため、簡単に消化の良いものだけを食べておく、というような形で対処するのが良いでしょう。酔い止めの薬なども併せて飲んでおくと効果があります。昨今では酔い止め用のリストバンドなども売られているので、気になる場合には用意しておくと良いでしょう。

次に、乗車中のポイントについてです。貸切バスの運行中は、できるだけ下を向かないようにしておきましょう。下を向いていると酔いやすくなってしまいます。特に、本やスマートフォンなどを見ていると、その分疲れが溜まって車酔いを起こしやすくなってしまうため、その点も注意しておく必要があります。

酔いそうになった場合については、ミントなどのさわやかなものを口に入れてリフレッシュしたり、窓を開けて風を入れたりと言う形で対処するのが良いでしょう。人と話しているのも気を紛らわせる方法の1つとなるため、せっかくの貸切バスであるため他の参加者と話をして時間を持たせましょう。