ハイヤーの仕事の魅力について

ハイヤーのサービス業は公共交通機関の社会的責任を認識して、高齢者から障害がある方でも乗り降りがしやすいユニバーサルデザインタクシー導入や、妊娠中や子育て中の方の支援を目的にした託児所なども提供しています。

最近では、運転手として活躍する女性も増えており、自分なりの働き方で、長期的に仕事ができます。そのハイヤーの運転手となると、高度な運転技術が求められたり、サービス力を必要とすることが多いです。女性ならば特に、細やかな気配りがあるため、ハイヤーのイメージにある、快適で品質の高い運転とサービスに適しているでしょう。多くの会社がハイブリットカーやハイエースを導入しており、環境にも配慮しているほか、乗客もゆったりと楽しめるようになっています。ハイヤーであれば、ほとんどが時間制で予約に対応しているため、タクシーのようにあちらこちらに無線で呼ばれたり、流しで長時間に渡って走り続ける必要もありませんから、運転手としての負担も少ないです。

そして、万が一に備えたドライブレコーダーの設置やカーナビなどの車載機能も万全である車両が増加しています。このハイヤーの運転手は、普通免許を持っているだけでも応募できるところは増えています。乗客へのおもてなしをモットーとしている会社もあり、サポート制度が強力になっていることも理由の一つでしょう。ベテランの指導官が同乗するハイヤーでの運転の訓練やコミュニケーションの取り方の勉強など、多くを会社で学ぶことができます。

会社の環境や給与面も魅力です。退職金制度といった福利厚生が充実していて、中には会社系列のレジャー施設などが格安で楽しめる特典や所有している保養所なども利用できたりします。他の会社では60歳定年が多かったりしますが、定年後でも長く働ける制度があり、健診や家族に対しての健診の補助なども受けられます。

ハイヤーの仕事は、一人ひとりの働き方もしっかりサポートしてもらえます。育児や介護休業など子育て支援もあり、男性の育児参加も推進していて実際に育児休業を取得する人は増えています。ハイヤー業はノルマなどがあるからと心配になるかもしれませんが、ノルマもありません。売上成績を考えて事故を起こしては意味がないですし、自社のガソリンスタンドや洗車機設置、社屋も改装し清潔感があって社員の負担軽減を進めています。ハイヤーの仕事だと休みがなくて収入も安定してないと思われていますが、実際は乗務員一人ひとりのそれぞれの事情にあわせて柔軟な勤務体制が取れるように改善されています。