ハイヤーの乗務員に必要な能力とは何か

ハイヤーの乗務員に必要な能力とは何か ハイヤーとタクシーは同じようなものであると考えている人もいるでしょう。しかしながら、実際には全く別ものです。タクシーとは大きく違う点として、貸し切りであることと、料金のメーターを乗客に見せず隠すように徹底している企業が多いということです。タクシーは乗客が乗った時から目的地に着いたときまでの移動距離に応じて料金を支払うのに対し、ハイヤーは主に乗客が乗る前の営業所などにある車庫から出て、乗客を降ろした後の車庫に戻るまでの時間単位で料金を支払います。

ハイヤーとタクシーには、それ以外にも違いがあります。ひとつは車内での接客についてです。タクシーの場合は乗客が運転手に目的地を告げて発車しますが、ハイヤーは事前にどこで乗客を乗せて、どこまで行くのかを決めておくため、目的地を運転手に告げる必要はないのです。運転手は、乗車する顧客のために最適なルートなどをあらかじめ事前に模索しているので最適なルートで移動できます。ハイヤーを利用する顧客は車も運転手もグレードが高いことが前提であるとの考えを持っている人も多いです。そのため、前もって予約をして、いろんな場所へ移動をするために利用するということもありますが、その移動時間も最高のもてなしをすることが求められるケースも少なくありません。

最近では、海外からの顧客も非常に増えています。旅行や仕事で視察に着ているなど訪日の目的はそれぞれ違いますが、海外からのVIPな顧客がハイヤーを利用することもあれば、そうではないこともあります。例えば、海外から訪れた友人のために利用したり、訪日した際の観光で、観光地を巡る移動手段のひとつとして利用することも多くあります。日本人も最近ではサプライズ演出のために、一般の方が結婚式やプロポーズなど、特別なシーンでハイヤーを利用する人も増えてきています。顧客にとって特別なシーンでの利用だからこそ、顧客はタクシーとハイヤーの違いを明確に理解していて、最高級のもてなしを受けながら移動したいものです。これに対応するためには、一般のタクシーと同じような接客態度では、特別感が薄れてしまい、トラブルを招いてしまう危険もあります。そのため乗務員は、これらの要求に応えられるような高い接客スキルを身に着けていなければならないことになります。

ハイヤーの運転手は、乗客に対する言葉遣いや様々な所作でホテルマンのようなレベルの人が多くいます。また、運転に関しても単に上手なだけではなく、運転ショックを与えない丁寧な操作が求められることになります。加えて、瞬時に状況を把握し安全に努める事はもちろん、顧客の様々な要求に応えられるような対応力も身に付けておく必要があります。例えば、予想外の渋滞が発生している場合、予定時間内に目的地へ到着するためには、どの別ルートへと切り替えて進むべきか瞬時にルートを変更できるかということが挙げられます。あらかじめシミュレーションしていても、事故などのハプニングなどは何がいつ起こるか分かりません。大切なのは、できる限り予定外のハプニングは避けつつ、何かが起こった際にどのように対処できるのかというスキルの高さです。そして、対処していく中で顧客のことを忘れずにフォローしていくことも忘れてはいけません。

これらのことから、ハイヤーの乗務員になるには運転スキルの他にも多方的でさまざまな知識と経験を持っていることが必要です。最近では、多くの会社が優秀な人材育成のためのプログラムを用意しており、その中で運転スキルと合わせて接客マナーも学習できるようになっています。多くの会社が、手厚いサービスと、顧客に対応するときのレベルの高さを競う時代になっているのが実態です。

最新ニュース