貸切バスでの京都旅行の行き先は?

貸切バスでの京都旅行の行き先は?

貸切バスでの京都旅行の行き先は? 今となっては日本の首都は東京として広く知られるようになりました。しかし、実はこの東京が首都となったのは、それほど昔のことではありません。明治維新の際に、維新志士によって天皇陛下の御所が東京に移転されたことによって首都となったという経緯を持っているためです。それまで、長い間日本の首都は御所のあった京都でした。そのため、日本の歴史的な建造物などは京都の周辺に集中しており、国内外からの旅行スポットとして人気があります。それでは、実際に京都を旅行する場合のポイントについて紹介します。

京都旅行をする場合、考えておきたい重要なポイントとして移動手段があります。というのも、京都の寺社仏閣などは、それぞれが距離が離れていることも多く、移動に掛かる時間も長くなるためです。特に公共交通機関ではアクセスが難しかったり時間がかかりすぎたりしてしまうような場合もあります。こういった時間を削減し、より効率よく京都の観光スポットを回りたいと思っているなら、貸切バスを利用するのが良いでしょう。貸切バスであれば、行きたい場所を事前に設定しておくことができるため、プランを立てやすくなります。また、公共交通機関と違って自由な時間設定で運行してもらうことができるため、待ち時間が掛かりません。

貸切バスでの京都旅行のメリットは、時間だけではありません。貸切バスの場合、車内には同じ旅行グループの人しかいないため、他の人のことを気にせず話をしながら旅行を楽しむことができるというメリットがあります。京都は特に街並み自体が1つの観光スポットとなっているような場所であるため、景色を見ながら話をするというのも楽しみの1つとなります。公共交通機関やツアー旅行の場合、他の人も多く乗車しているためこういったことがし難くなってしまいますが、貸切バスであれば配慮する必要が薄くなります。また、食事なども取ることができるため、より自由な移動を楽しむことができるでしょう。

それでは、貸切バスで京都旅行をする場合、どのような場所を見に行くのが良いのでしょうか。ここでは、貸切バスの京都旅行の際に見ておきたいスポットとして「清水寺」「金閣寺・銀閣寺」「太秦」の3つについて紹介します。それぞれ違った魅力があるスポットであるため、様々な旅行で取り入れることができるでしょう。

貸切バスの京都旅行の行き先として、最初に紹介するのは清水寺についてです。清水寺といえば「清水の舞台から飛び降りる」という言葉でも知られている通り、大きな舞台があるのが特徴となっています。実際に上に登ってみると、確かに飛び降りると無事では済まないと感じさせるような迫力があります。また、この清水寺には音羽の瀧という小さな滝があり、こちらも名所となっています。

貸切バスの京都旅行の行き先として、次に紹介するのは金閣寺・銀閣寺についてです。金閣寺については残念ながら一度消失してしまっているため本来の姿というわけではありませんが、復旧された社屋も豪華な雰囲気があるため、ぜひ見ておきたい場所です。しかし、金閣寺と銀閣寺は名前こそ近いものの、実は場所は大きく離れています。こういった場合にこそ有意義なのが貸切バスです。

貸切バスの京都旅行の行き先として、最後に紹介するのは太秦についてです。より具体的には、東映太秦映画村です。こちらの場所は多くの時代劇の収録場所として利用されている場所であり、ここをみるだけで様々な時代劇の舞台を見ることができます。ちなみに、太秦にはお化け屋敷があり、こちらも怖いお化け屋敷として有名で人気があります。これらも併せて、時代劇ファンの人にはたまらない行き先となるでしょう。

お知らせ